ダフロン

2011年07月01日

2011上半期新刊10選

 半期恒例の新刊チョイス。

 ルールはいつも通り、既刊シリーズを除き、2011年上半期にシリーズを開始した新作&読み切りに限定しています。また作品のナンバリングはランク順位とは関係ありません。

1.問題児たちが異世界から来るそうですよ?
404474839X問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫)
竜ノ湖 太郎 天之有
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-31

by G-Tools

問題児たちが異世界から来るそうですよ?  あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫 232-2)問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫 232-2)
竜ノ湖 太郎 天之有

by G-Tools

 異世界に召喚された最強問題児たちが打倒魔王を掲げてバトルを繰り広げる異世界ファンタジー。
 ギフトと呼ばれる才能や能力、特技、あるいは魔法の道具を賭けてのゲームで強さを競う世界を舞台に、人類最強クラスのギフトを持つ問題児たちが巻き起こす大騒動がワクワクさせてくれます。

2.アイドライジング!
4048702394アイドライジング! (電撃文庫)
広沢 サカキ CUTEG
アスキーメディアワークス 2011-02-10

by G-Tools

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)
広沢 サカキ CUTEG

by G-Tools

 企業の技術の粋を凝らしたバトルスーツを着て戦う新人アイドルのサクセスストーリー。
 美少女たちが企業PRを賭けて戦う競技『アイドライジング』の新人アイドルとしてデビューしたヒロイン・モモが、仲間やライバルと共に強豪相手に激戦を繰り広げていく展開に手に汗握りました。

3.青春ラリアット!!
4048702386青春ラリアット!! (電撃文庫)
蝉川 タカマル すみ兵
アスキーメディアワークス 2011-02-10

by G-Tools

 おかしな三人組が巻き起こす、ノリと勢い120%の青春ストーリー。
 熱血単純バカの月島と彼に恋する後輩・長瀬、それを見守る主人公・宮本の三人組が、ある女の子に月島がフラレたのを発端として、報われないのを承知で暴走する姿が小気味良くて痛快でした。

4.ボーイ・ミーツ・ハート!
4797365927ボーイ・ミーツ・ハート!−彼女のフラグは難攻不落!?− (GA文庫)
鳥羽 徹 H2SO4
ソフトバンククリエイティブ 2011-06-16

by G-Tools

 PSYゲームと呼ばれる異能バトルに熱中する超能力者たちのちょこっと変則学園異能ストーリー。
 ただ能力者同士がなんでもありで殴り合ったり、殺し合ったりするんじゃなくて、ある決められたルールの元で、能力や才能だけでなく知能や機転といった要素も絡んで勝敗を左右するのが面白かったです。

5.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
4094512624やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
渡 航 ぽんかん(8)
小学館 2011-03-18

by G-Tools

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)
渡 航 ぽんかんG

by G-Tools

 ひょんなことから美少女と部活動をすることになったヒネクレ高校生の一風変わった青春ラブコメ。
 友達のいない寂しい高校生活をおくる主人公・八幡が、生徒の悩みを手助けする『奉仕部』に入り、学校一の美少女・雪乃や変わり者の依頼人たちとドタバタを繰り広げていく光景がなんとも楽しかった。

6.ハレの日は学校を休みたい!
409451273Xハレの日は学校を休みたい! (ガガガ文庫)
陸 凡鳥 切符
小学館 2011-05-18

by G-Tools

 すべての学園祭嫌いに贈る、ほんの少し学園祭が好きになるかもしれない青春ラブコメ。
 生徒会に送られた脅迫状の容疑をかけられた反学園祭活動家の主人公・晴が、自分の無実を証明するためヒロインのミアと共に騒動を起こしつつも、悩める人々のために奔走する姿が愉快でした。

7.五年二組の吸血鬼
4758042179五年二組の吸血鬼 (一迅社文庫)
糸緒 思惟 小路 あゆむ
一迅社 2011-03-19

by G-Tools

 吸血鬼の下僕となってしまった小学生がおくるちょっとエッチな肌色学園物語。
 小学校を丸ごと支配した吸血鬼・桃子によって、主人公の翔が同学年の女子に混じってエッチな遊びを繰り広げるんですが、とにかくぽっこりお腹の幼い女の子たちの全裸率の半端無さに驚いた。

8.犬とハサミは使いよう
4047270776犬とハサミは使いよう (ファミ通文庫)
更伊 俊介 鍋島 テツヒロ
エンターブレイン 2011-02-28

by G-Tools

犬とハサミは使いよう2 (ファミ通文庫)犬とハサミは使いよう2 (ファミ通文庫)
更伊 俊介 鍋島 テツヒロ

by G-Tools

 犬に転生し憧れの作家に飼われることになった読書狂の少年の不条理な同居生活コメディ。
 強盗に殺された主人公・春海和人が、本を読みたいという一念で犬の身体で蘇り、大ファンだった作家に拾われて一緒に暮らすことになるのですが、その彼女のぶっ飛んだ変人っぷりが可笑しかった。

9.物理の先生にあやまれっ!
4086306093物理の先生にあやまれっ! (物理の先生にあやまれっ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
朝倉 サクヤ pun2
集英社 2011-04-22

by G-Tools

物理の先生にあやまれっ! 弐号機 (物理の先生にあやまれっ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 15-2)物理の先生にあやまれっ! 弐号機 (物理の先生にあやまれっ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 15-2)
朝倉 サクヤ pun2

by G-Tools

 未知の巨大ロボットを託され世界の行方をゆだねられた高校生たちの熱血スーパーロボットコメディ。
 世界中に突如現れた巨大ロボット"AAE"を操ることのできる特殊な若者たちが集められた学園で、国籍も主義主張も異なる国家同士の戦いを止め、世界平和を目指す少年少女の姿に胸をうたれました。

10.虚構推理
4061827685虚構推理 鋼人七瀬 (講談社ノベルス)
城平 京
講談社 2011-05-10

by G-Tools

 世を乱す怪異から秩序を守るため知恵の神の少女が虚構の構築に挑むオカルティック・ミステリー。
 とある地方都市で発生した都市伝説・『鋼人七瀬』の怪異を止めるために、妖怪たちのトラブルシューター・岩永琴子が解決に乗り出すが、その解決の仕方がまた型破りで驚愕させられる。

次点
カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画 湖山真・・・積極的なお姫さまとヘタレな主人公がツボでした
カナクのキセキ1 上総朋大・・・壮大な歴史小説であり、純愛小説でもある。スケールの大きさが魅力
うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。 空埜一樹・・・主人公とヒロインたちの関係に2828
それがるうるの支配魔術 Game1:ルールズ・ルール 土屋つかさ・・・トリック崩しが興味深い学園異能
アリス・イン・ゴシックランド 霧の都の大海賊 南房秀久・・・ゴスロリはそれだけで価値がある

総評
 学園ラブコメというジャンルについて、いままでは『生徒会の一存』のような日常雑談系が話題や人気でしたが、『僕は友達が少ない』のヒットを受けてか、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『ハレの日は学校を休みたい!』、『こうして彼は屋上を燃やすことにした』等、従来の学園モノにおける青春を謳歌するストーリーを否定するアンチリア充系とでも言うべきラブコメディが登場。

 さらに主人公のキャラも定番のヘタレ系、草食系といわれるキャラから、人付き合いが苦手で友達がいない非コミュ系や無気力で消極的なニート系へと移り変わってきている。
 一方、ヒロインについては相変わらず、天然だったり、ツンデレだったり、ヤンデレだったり、腹黒だったり、ドSだったりと多種多様なヒロインがひとつの作品内にハーレムとして混在している感。

 今期一番話題になったのは長文系タイトルのラノベの多さでしょうね。
 どのくらいの文字数で長文になるのかはわかりませんが、メインタイトルで15文字以上は長いと思います。ラノベ読みの間ではほとんどフルでは読まれずに略称を使って会話しているのですが、正直、ネット上以外でどれだけ知られているのか。まあ自分たちで呼びたいように呼んだらいいのかな
 とりあえず『彼女に耳としっぽがついてる理由を説明できない。』は「にっぽり」と呼ぶぜ!

 そういえば長文系タイトルの効果か、表紙の絵が魅力だったか、本当に話がウケたのかわわかりませんが、『僕と彼女のゲーム戦争』や『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』がアニメイトやゲーマーズで瞬殺といわれるよな局地的な人気での売り切れを連発しました。去年の『変態王子と笑わない猫』の1巻のときも売り切れ続出が話題になりましたが、何がそこまで人々を駆り立てたのだろうか。

 個人的には『俺修羅』よりも、『るるル』の方が……いや、なんでもない。

 こんなところで、まとめ終わり。

過去記事
2010下半期新刊10選
2010上半期新刊10選
2009下半期新刊10選
2009上半期新刊10選
2008下半期新刊10選
2008上半期新刊10選
2007下半期新刊10選
2007上半期新刊10選
2006下半期新刊10選
2006上半期新刊10選
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212672975

この記事へのトラックバック