ダフロン

2006年07月04日

パラケルススの娘 4 緋袴の巫女/五代ゆう

4840115540パラケルススの娘〈4〉緋袴の巫女
五代 ゆう
メディアファクトリー 2006-06

by G-Tools

【櫻井忍は持ち前の野次馬根性が災いし、異国の魔「黄夫人」の手に掛かろうとしていた。退魔師である跡部多華が割って入るものの、さらに餌食となりかけたところに金髪の貴人が】

このギャップは・・・


しまった! 先に「パラ娘」読むべきだったッ!
「骨牌」の後だと、すべてが色褪せて見えるッ!!
巫女さんとか、チョイあざとすぎるんじゃねぇ?
MF文庫Jだから仕方ないですが、同一存在とは思えん。
よい子は絶対に比較しちゃダメだお。夢が崩れるろん。

いや、巫女は悪くない

作者を憎んで巫女を憎まず。
クリスティーナと遼太郎の祖母、多華女の話です。
ひたすら退魔調伏にかける多華の御姿が凛々しい。
しかし、クリスティーナの前では、その潔癖さが空回り。
意気込んでみても、力及ばず、だが他人の助けは借りない。
こういう不器用な生き方しかできないヒロインは好きだ。

霊力が強いって散々言われてますが、
そんな能力発揮するシーンってありましたかね。
銀矢ばっかりの物理攻撃しかしてなかったような。
クリスティーナとレギーネはやりたい放題でしたが。

黄夫人なんて一応はボスキャラなのに、
クリスティーナに一方的にボコされてた記憶しか頭にない。
過去の憎悪から跡部一族とを全員手玉に取った睦月、
そして多華のほのかな恋の顛末は切なげな雰囲気でいい。

失恋したからといって、お家の大義に殉じるって結果も、
私としては非常にバットエンドに近いのですが・・・。
好きでもない男の子どもを生んでまで、多華が尽くすほど、
跡部の家に価値があるとは思えないワケですよ。

作者グダグダ

いまさら辻褄合わせに翻弄されてる作者。
「半世紀」発言で時勢を合わせたつもりになってるけど、
すると今度は逆に婆ちゃんの年齢が若くなりすぎですよ?
現代だと、もう八十歳近いんだろ1巻41P参照。
今回が三十年前の話でも、すでに五十前後のはず・・・。

      ,. ─- 、,,.___
    ,イ〃          `ヽ,__
.  N. {'             \
. N. {               ヽ
. N.ヽ`               〉 つまり俺たちが美少女だと
N.ヽ`        ,.ィイ从       / 思っていた巫女さんの正体は
. ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく 妖怪ババアだったんだよ!
   lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i ! 
   ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
      !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
      ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
 -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
   /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.  /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
 / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
 T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    な なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'く_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、

パラレルですかパラレルススの娘ですかそうですか。


posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(3) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
楽しく書評を読ませていただきました。
ライトノベルだけの買取をしている
アトミックストーンと申します。
また、よろしければ当店にも
お立ち寄りください。
Posted by アトミックストーン at 2006年07月05日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

パラケルススの娘(4) 緋袴の巫女 感想
Excerpt:    【名】 パラケルススの娘 第04巻 緋袴の巫女  【籍】 MF文庫J  【著】 五代 ゆう  【絵】 岸田 メル  【売】 2006.6 + Amazon + BK1 + ..
Weblog: しばいてぃてぃ ライトノベル 感想・人気投票
Tracked: 2006-07-06 14:53

パラケルススの娘四巻/著:五代ゆう【MF文庫J】
Excerpt:  出たぜ番外編。  今回は、  吸血妖怪である黄夫人《ウォンふじん》を退治したか? と思われるところまでが描かれております。なんせ三巻目でまた黄夫人が登場していますものね。加えて多華女《た..
Weblog: 字遊室
Tracked: 2006-07-19 18:23

「パラケルススの娘4 緋袴の巫女」 五代ゆう
Excerpt: 久しぶりの、パラケルススの娘と思いきや、過去編でした。と言うことで、時は幕末、横浜居留地にて、なぜか金髪碧眼の外国人と、翼を羽ばたかせた美少女が空を飛んでいくのを見た、見習い写真師櫻井忍が主人公。って..
Weblog: M’s Life
Tracked: 2006-07-23 15:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。