ダフロン

2010年12月26日

宅配コンバット学園/軽井沢洋一

4086305879宅配コンバット学園 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 15-1)
軽井沢 洋一 大田 優一
集英社 2010-12-25

by G-Tools

戦場の女子高生たちに届く宅配便の中身は!?政府の実験により過去の戦場に送り込まれた女子高生天童春菜とその仲間たち…。死と隣り合わせの絶望の中、唯一の希望は念じた物を届けてくれる宅配便だった!!

bashingtag.jpg


 夏休みに自A隊の奇妙な体験訓練に参加した高校生たちのコンバットアクション。

 これはひょっとしてギャグで書かれているのか? これを酷評しても誰からも文句は言われまい。
 とにかく登場人物の行動原理が突飛すぎて共感できない。設定が非常にいい加減でリアリティがない。心理描写、背景描写も漠然として全体的に文章力が稚拙すぎる。
 ストーリー自体もかいつまむと、現代の最新兵器を持った高校生たちが過去の戦場で無双するという中学生の妄想レベルで、何故、スーパーダッシュ文庫の編集部はこれを出版しようと思った!!

 (以下、長文注意。これより下は特に読む必要がないです)

 まず主人公たちが自A隊の体験訓練に参加しようと決意するところからしてただの興味本位で、イマドキの高校生が貴重な夏休みをわざわざ過酷な上につまらない訓練をして過ごそうと思うだろうか?
 設定上は彼らは軽音部員となっているが、音楽をやる人間が指や手を怪我しそうなことはしないだろうし、一ヶ月もの間、楽器から離れることがどれだけ腕を鈍らせるか理解してないはずがない。

 自A隊の体験訓練にしても参加費が無料なのはともかくとして、日当が1万円も貰えて、極秘任務をクリアすると100万円とか、そんな怪しさ大爆発な話に何の疑問も持たないのがおかしい。
 訓練には拳銃、ライフル、マシンガン、対戦車砲の実射訓練まで含まれているが、本物の自衛隊員でも実包じゃなくてエアガン使って訓練してるのに、民間人のそれも未成年に実弾を撃たせたなんて世間に知れたら防衛大臣の首が飛ぶ。ましてや爆弾の作り方とか教えて悪用されたらどうするの。

 フィクションとしても、この時点で作者は元ネタとなる自衛隊という組織についてまったく調べてないんだと読者にリアリティの欠如を疑われても仕方がないどころか、むしろ当然である。
 あまつさえタイムマシンで過去の戦争に介入してこいとかいう超展開。それはない。ありえない。
 タイムパラドックスの危険を示唆してるが、過去に兵士を送り込むのは問題ないのだろうか……。

 新兵器の実験も兼ね、万が一の危険が伴うから、選抜した優秀なチームにしか依頼しないとか。
 いやそれ、わざわざ民間人の素人を起用する意味ないよね。イザというときに口封じできるとか、だったら本職の隊員使えよって話ですよ。むしろ民間人を使う方が機密が漏れる危険性高いわ。
 それに素人がたった1ヶ月訓練しただけで実戦で戦えるなら、平時に軍隊なんて維持する必要ない。

 動きやすさを重視しましたって理由で女性陣がやたらと露出多いボディアーマーになってるが、伝染病の媒介する蚊とか、体温調節の観点から素肌の露出は避けるべきだろ。エロさしか考えてないな。
 どんなに技術が優れてるからって武器の開発でノーベル賞は貰えない。作者の非常識がモロバレ。
 そしていくら装備が充実しているとは言え、自分の命を軽く考えている精神性が気に食わないが、戦場に行くまで自分たちが人を殺してしまうかもしれない可能性にまったく気付けないのは馬鹿すぎる。

 プロローグでヒロインの春菜がそれまでの自分を変えると決意しているが、どうしてそう思ったのかの理由も結局語られずに消化不良だし、あらすじには「生きる意味を考える」とか書いてあるが、そんな文章は一切なかった。そもそも春菜を含めてキャラクターに個性がない。「○○が得意」という役割分担だけで、登場人物の性格が見えない。文中、誰がセリフを喋ってるのか、全然わからなかった。

 これを読んだ友人も言ってたけど、タイトルの『宅配』と『学園』になんら繋がりがない。
 それどころか、どこが『学園』なのかがサッパリ。学校の場面なんて最初10ページだけじゃん。
 『宅配』にしてもわざわざ民間の宅配業者を装う意味がわからない。戦場に宅配便がくるというだけで違和感が凄まじい。そして肝心のその設定さえギャグでオチていてバトルになんら活かせていない。

 戦いの結末もなんともご都合主義で中途半端な幕切れだし。酷い、とにかく酷い。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 集英社スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逆に、無性に、とてつもなく切実に、この本を読みたくなってしまいました……。
Posted by Ill at 2011年03月24日 12:20
>>Illさん
それは怖いもの見たさ?
他の人の感想を読んでも、だいたい似たようなものなので、面白くないと思ったのは私だけではないようです。
あまりオススメはしませんが、まあ後悔する覚悟があれば「悪い見本」として読んでみてもいいかと。
Posted by 愛咲優詩 at 2011年03月26日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック