ダフロン

2010年02月25日

中の下! ランク1.中の下と言われたオレ/長岡マキ子

482913495X中の下! ランク1.中の下と言われたオレ (富士見ファンタジア文庫)
長岡 マキ子
富士見書房 2010-02-20

by G-Tools

聖☆ジュウゾー学園高校には、恋人を作ることを目的とする「カップル試験」がある。学園一の美少女を狙っていた、自称イケメン最終兵器の瀬木成道だが、美人教諭の「中の下」発言で失意のドン底に。人はどこまで強くなれるのか。真実の愛とは何か。本作は、それらを熱く問いかける問題作である!

 
bashingtag.jpg


 ナルシストな主人公が痛々しくて、序盤からすでに読むのが辛かった。
 教師から「中の下です」と断言されてから自分を客観視して変わっていくならまだしも、最後まで成長が見られない。いや、私が読みとれなかったところで成長していたのかもしれないけれど、ストーリーが展開していく度に新たな残念要素が次々と露わになっていくものだから、むしろイメージが悪化しました。

 ダメなところばかりじゃいかんと、作者も好感度を上げる見せ場を仕掛けてあるにはあるのだけれども、彼の場合はむしろ男としての誠実さが人間としての幼稚さに映って見える。
 第一、男子と女子で対応がまるで正反対。黒川に親しげにするのも一方的に利用する気満々じゃないですか。相手によって使い分けるものを誠実さとは言わないでしょ。

 それにまだ付き合ってもいない女の子への誕生日プレゼントに、手作りケーキは重いだろう……。
 マフィンとかカップケーキ程度なら日常的にあげてもおかしくはないけれど、作っている姿を目の前で見せながらは、ちょっとキツイ……。「自作の曲をプレゼント」と対して発想が変わらないじゃない。
 そもそも、学園を変えるためにヴィーナスであろう女の子とお付き合いするという動機そのものが不純だよね。女の子を馬鹿にしているにもほどがある。

 男子キャラも総じて残念な人たちばかりで成道とも紙一重の差しかない。
 ヒロイン二人も天然と不思議ちゃんで、どうしてそんなに成道を好意的に見られるのかわかんね。
 マトモな感性を持っている奴が一人もいなくて、イベントごとのフラグの立ち方が都合よすぎるなぁ。
 ああ、高慢お嬢様は世間一般の常識についていろいろ調教してあげたいと思った。この子欲しい。

 そういえば、作者は女性だけあって男子の生態をよく見ているなとは感じましたね。
 私が学生の頃も、上履きの踵を踏んづけて履いてる男子は何人もいましたが、それスリッパじゃん。
 あとシャツの襟元を緩めたり、ブレザーのネクタイをだらしなく結んでる奴も、本人たちは制服を着崩すことで着こなしていると思っているんだろうけど、フツーにだらしないだけで格好悪くね?
 両肩にかけて背負うリュックを片方の肩にしかかけなかったり、鞄のベルトを限界まで引き下げるのもダサいよね。そういう奴に限って自転車に乗ってひっかけて転んだりしてるんだぜ( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

 しかし、これが金賞かぁ……。いいとこ努力賞か特別賞じゃないのかなぁ。
 ファンタジア大賞はいつから審査基準が変わったんだろう……第20回からだな、間違いなく。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士見ファンタジア文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通常生活のリュック両肩は流石にもっさいと思うのですが・・・
Posted by リー at 2010年02月28日 17:38
>リーさん
両肩リュックはそりゃ小学生の遠足に使うようなディバックなら非常にダサダサですが、アウトドア用やスポーツ用の本格的なバックパックは見た目も格好いいし機能的でスマートですよ。
あと女の子のカラフルなリュックとか、モコモコしたやつは可愛いと思います。
Posted by 愛咲優詩 at 2010年02月28日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック