ダフロン

2009年09月02日

バカとテストと召喚獣 6.5/井上堅ニ

4757750404バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫)
井上堅ニ
エンターブレイン 2009-08-29

by G-Tools

ついに登場!秀吉の姉・優子がFクラスに!?『アタシと愚弟とクラス交換』、夏休みはみんなで海にバカンスだ!衝撃シーン満載の『僕と海辺とお祭り騒ぎ』前後編、神童と呼ばれていた少年と物静かな少女、二人の学校生活で起こった小さな事件『雄二と翔子と幼い思い出』の4本で贈るショートストーリー集第2弾。

 海と太陽とバカの夏

 学力は最底辺、けれども愛すべきバカたちが巻き起こす大騒動を描いたお気楽極楽学園喜劇。

◆アタシと愚弟とクラス交換

 文月学園のPVを撮影することになり、歌の苦手な優子が秀吉と入れ替わるお話。
 秀吉の方がスタイルが良くて、女の子らしくて可愛いとか、優子の女としての尊厳がピンチw
 さらには秀吉のうっかり発言のせいで、優子がノーパン主義者で同性愛者またはショタコンであるという疑惑の三重苦まで。普段、秀吉が自分の姉をどのように見てるのかよくわかりましたw

 もっと生真面目な優等生だと思ってたんですけどね、優子さん。まあこの学園の中では、BL腐女子程度ではまだまだ正常の範疇かな。

◆僕と海辺とお祭り騒ぎ(前編)
 夏休みにいつものメンバーで海に遊びに出かけるお話。お昼編。
 玲姉さんの天然ボケのキレがすげえ。バカなのではなく、わかっていて本気なところが恐ろしい。
 そしてお約束通り、性別を誤認されて上半身にトップスを強制される秀吉。ですよねー。
 っていうか、女の子と一緒に海に行ってる時点で十分にリア充なのに、さらにナンパとか! 明久と雄二は、死にたいのか! 逝っちゃらめええええええええええ!!!

 でも、ムッツリーニが可愛いく見えるとか、それは幻想じゃないか・・・・・・?

◆僕と海辺とお祭り騒ぎ(後編)
 夏休みにいつものメンバーで海に遊びに出かけるお話。夜編。
 いかにも楽しげな夏祭りの風景から、一転男子にとっては羞恥プレイに等しい地獄に突き落とされる姿に、やはりあの女性陣は決して怒らせてはならない存在なのだと再認識。
 しかし、アキちゃんの人気っぷりは相変わらずですが、またしてもムッツリーニが意外な高評価。

 これからどこかで「香美は俺の嫁!」とか言い始める人がきっと出てくるんだろうなぁ。

◆雄二と翔子と幼い思い出
 小学5年生の雄二と翔子が遭遇した小さな事件のお話。
 なんかもう、雄二と翔子がお似合いすぎてどうでもよくなってきました。
 翔子のお陰で思い上がってた自分の眼を覚ますことができたのに、いつまで雄二はツンデレるのか。
 きっと翔子にとって、このときから雄二はずっと彼女のヒーローなんだろうなぁ。
 バカテス史上、一、二を争う感動のお話でした。

 アニメ化のキャスト発表も行われ、波に乗っていますね。このままどこまでも行ってほしい。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミ通文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『バカとテストと召喚獣6.5』の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: ファミ通文庫のラノベ、『バカとテストと召喚獣6.5』(井上堅二先生原作、葉賀ユイ先生イラスト)が発売中です。 アニメ化も決まって、盛り上がってきている感が..
Weblog: 萌えレビュ!
Tracked: 2009-09-05 20:08