ダフロン

2009年08月27日

僕は友達が少ない/平坂読

4840128790僕は友達が少ない (MF文庫J)
平坂読
メディアファクトリー 2009-08-21

by G-Tools

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」。夜空は友達作りを目指す残念な部を作って、しかも何故か続々と残念な美少女達が入部してきて。

 善友の笑顔より、悪友の怒り顔

 学校に友達のいない高校生の男女が部活動で友達作りを目指す残念系青春ラブコメディ。

 これはごく一部の人間には、ひどくトラウマを抉られる作品ですね・・・・・・。いや、私は違うよ!
 いつも一人ぼっちでいる寂しさを埋めてくれる友達が欲しい、でも周囲から友達作りに必死な奴だと思われたくない。そんな残念な人間ばかりが集まって友達作りに試行錯誤する『隣人部』の日常を描いたショートストーリーですが、やっていることは部室に集まって雑談したり、ゲームしたり、プールに行ったり・・・・・・。お前ら、そういう遊び相手を「友達」って言うんだぜ!

 「友達がいない」と一口に言っても、根暗だから見縊られているとかじゃなく、小鷹と夜空はなんというか周囲から恐れられて一目置かれているタイプだからいいじゃないですか。
 星奈はモロ勝ち組だし、幸村なんかは本当に仕方ないかもしれないけれど、みんなネガティブな理由で周囲から浮いてるんじゃないし。そこがリアルで友達がいない人間との差だなぁ。

 けれど、夜空と星奈のゲーム実況を見ていると彼女たちに友達ができない理由がよくわかる。
 二人とも偏見が激しい上に心が狭すぎる。MMOやMOではプレイヤーの本性が出るなんて言いますが、たかがゲームであんなマジギレする人とのフレンド登録は私も嫌だ!
 夜空と星奈に比べれば小鷹は常識人っぽい、というかかなりいいヤツですよね。本当に男友達が欲しいのなら、いっそあの二人に関わらない方がいいんじゃないかなと思ったり。

 まあ、むしろ友達なんかいなくとも、美少女美少年に囲まれて邪気眼の妹からも「あんちゃん」と慕われている小鷹は十分すぎるほどにリア充ですけどね。爆発して死ねばいいのに!!!
 ところで、普段は女王様として男子の上に君臨する星奈だけれど、夜空相手には「肉」とあだ名され、すっかりいびられ役になってしまった彼女は、果たしてSなのかMなのか。肉かわいいよ肉。
 マリアと理科は結局冒頭にしか登場しなかったけれど、次での出番を期待しましょうか。しかし、小鷹と二人のヒロインは友情よりも恋愛感情に流れていくフラグだなぁ。

 それにしても、三浦勇雄の『聖剣の刀鍛冶』はまたエロゲのタイトルにインスパイアされてましたね。まあ作者本人がエロスなのが知れ渡ってしまっているのが、ネタにされる原因なのだけれど。
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『僕は友達が少ない』の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)が発売中です。 表紙はヒロインの夜空と主人公の小鷹。 良い感じに上から目線の夜空と、それに振り回される小鷹の構図が象徴的..
Weblog: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Tracked: 2009-09-25 18:08