ダフロン

2009年07月24日

ラノベ部 3/平坂読

4840128065ラノベ部 3 (MF文庫 J ひ 2-18)
平坂 読
メディアファクトリー 2009-07

by G-Tools

通称ラノベ部の部員たち。本屋で偶然出会ったり、部室で何でもない話をしたり、勉強をしたり、家に遊びにいったり――。文香もまた、のんびりと、でも確実に暦やリア、美咲たちとの絆を深めていく。そんなある日、部室で龍之介と二人になった文香は、自分が抱く初めての気持ちを抑えきれなくなり――

 そして終わらない物語は、いつまでも続いていく
 
 『軽小説部』、通称"ラノベ部"のメンバーがおくるライトノベルネタ満載の雑談系コメディ。完結。

 予想だにしない完結でした。最後まで竹田龍之介が勝ち組だった。リア充爆発しろ!

 ちょっと失礼して、ここで声に出して読みたいMy日本語を絶叫。

 ちんちんかもかもー!

 日本語だよっ! 「ちんちんかもかも」は立派な日本語だよっ! 別にエロい意味は・・・・・・あー、あるかも(ちんちんかもかも──男女が仲睦まじいさま)

 いやぁ、いつにもましてラノベ部メンバーが、ちんちんかもかもしてました。
 文香だけでなくリアまでフラグを立てるとは・・・・・・。いままで何度となく本屋行ってるけれど、こんなイベント発生したことないよ! しかも、一度フラレているくせになんでそんなに美咲とも仲がいいんだよぅ!
 三角関係とかなってるのに、ドロドロせずに仲良くラノベ雑談なんかしているお前らが、けまらしい!(けまらしい──あの人たちが仲良くするせいで仲間外れの自分が不快になる、という気持ち)

 ラノベ読みなら思わず共感してしまうようなネタが次々と出てくるから、反応せずにはいられない。
 『えむえむっ!』のネタ帯は発売当時、ラノサイ界隈で「これは酷い(褒め言葉)」と話題になりました。
 帯については『SH@PPLE』など凝ったものは面白くて歓迎です。最近のだと『で・こ・つ・ん★2』の帯などは表紙とあいまって記憶に新しい。作家の推薦文などは電撃大賞作品はよく書かれていますが、『銀月のソルトレージュ』には書店員の推薦文がついてたな。

 毎回パンモロの『C3』や『れでぃ×ばと』のようなパンツはいてない表紙については、もはや今では珍しくもなく抵抗感もない。むしろ、『ロウきゅーぶ!』みたいに違う意味でヤバイ表紙の方が─。
 絶対領域を隠してくれる帯いつもぐっじょぶ! あれは帯の位置まで絵師が計算して書いてるとみた。
 統計は取ってませんが、際どい表紙の頻度が多いのはぶっちぎりでMF文庫です。立ち絵ばかりで、いつも下半身やフトトモを強調させてるじゃん!

 暦の抱える作家としての悩みは、読者の側から言わせてもらえば、「甘えてんじゃねぇ!」の一言。むしろ作家ならば「自分が書いたものは絶対に面白い!」と断言して欲しい。じゃないと、自分自身で出来損ないだと思っているものを読者に売っているのか、ということになってしまうからね。
 未熟なのを自覚していても、いまそのときに書ける最高の物語を書いたのなら自信を持っていい。一人がつまらないと思っても、もう一人が面白いと思えば、その本には価値があるのだから。

 それにしても、暦と雪華の文香萌えが、最低限自重すべきラインをとっくに越えてしまってます。
 暦はまだしも、雪華の言動が変態すぎる、なにこれこわい。ヤン妹欲しい。リアがどんな調教術を施したのか、とても気になるじゃないか。

 恋あり、笑いあり、涙あり、それこそ平凡な日常系なのにどうしてかこころに強く響かせてくる。
 作家でありながらここまで読者の視点で物語を描けるのは凄い。さすがはライトノベル試験inLNF準優勝の平坂センセだ! その現場に私もいたし! チーム八幡坂の同人誌『みみっく』も買いました。同人誌とは思えない装丁と厚みでした。
 これで『ラノベ部』も完結かというととても惜しいですが、あとがきでも語っているようにネタ切れなんですかね。確かに作中のオマージュも少なかったけど、まだまだあると思うんだけれどなー。

 そんな平坂センセへのさらなるオマージュのつもりなのか、一迅社で超ラノベ部(仮)とか準備中らしい。相変わらず、一迅社ブログはDon't say “lazy”ですね・・・・・・。


posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | MF文庫J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラノベ部3巻の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: MF文庫Jのラノベ、『ラノベ部』(平坂読先生原作、よう太先生イラスト)の3巻が発売中です。 表紙はラノベ部メンバー勢揃いショット。 なんだか最終巻..
Weblog: 萌えレビュ!
Tracked: 2009-07-29 01:35

ラノベ部 3
Excerpt: あらすじ 留学生のリアも加わりますます賑やかになりつつも、 やっぱり基本的にはまったりとした読書生活を送る軽小説部—通称ラノベ部...
Weblog: 黙々読書
Tracked: 2009-08-10 20:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。