ダフロン

2009年05月19日

で・こ・つ・ん★2/野島けんじ

4797354844で・こ・つ・ん★2 (GA文庫)
野島けんじ
ソフトバンククリエイティブ 2009-05-15

by G-Tools

心愛はランニング中に紅玉のような瞳をもった謎の少女に出会う。その少女は動物に姿を変えて、森の中に消えてしまい……!? 新たな敵に紅愛の過去も描かれる、女神召喚でこつん<宴uコメディ

 全世界のお兄ちゃんが、泣いた!

 男子禁制の女子校に入学した妹と正体を偽って潜入した兄の女神召喚ラブコメディ。

 この表紙、破壊力ありすぎ!

 それに、なんだこの本の帯の文章は!

 ※猫耳心愛はお兄ちゃんによるイメージで、本編のものとは異なります。深くお詫びするとともに、ぜひ連れておかえりください。GA文庫

 あ、ありのまま起こったことを話すぜ「書店で表紙をみたら、いつの間にかレジに立っていた」。なに言ってるかわからねーと思うが(ry
 しかも、口絵3枚が半裸、半裸、全裸とはどんな巧妙な罠だ! 全力で釣られた!
 口絵も問題ですが、中身も凄いです。相変わらず心愛ばかりを溺愛する真心に、表面ではクールだが内心で激しく嫉妬する紅愛。実の姉弟でなんて素敵な三角関係を!
 一番ヤバイのはそれらを許可した編集者であるが、できればさらに多くの作品でも活躍して欲しい!

 ヒロインが魅力な「で・こ・つ・ん★」ですが、可愛らしさの妹・心愛、いやらしさの姉・紅愛とまさにヒロイン二強ですね。オマケでそこそこ美少女の希といったところか。
 真心と希は、今後くっ付くであろう可能性は高いのですが、それよりも明らかに心愛と紅愛とでイベント発生させまくってます。

 今回は完璧超人かと思えた紅愛の女の子らしい意外な一面に完全にノックダウンされましたよ。
 普段、何事に対してもクールビューティな仮面を崩さない彼女が、真心の前で初めて弱音を吐いて甘えてくる姿の匂い立つエロさときたら・・・・・・(じゅるり
 このお姉ちゃんは、何をしてもエロいよなぁ。そしてそれが決して下品な媚びにならずに、大人の女としての美しさと感じられるのが彼女の人徳じゃないかしら。

 颯爽として格好良い姉と比較すると、真心は妹を偏愛する変態兄貴だよな。
 ホント、過保護すぎだろーと思うことが読んでいて何度あったことか。
 心愛の頼みとはいえ、自分たちの宿敵である怪士の少女を匿うことの意味を、もう少し考えろよと。
 自分で何とかできる手段でも思いついているのならいいが、行き当たりばったりで動いて、それで紅愛の立場や気持ちを追い詰めてるんだから、まったく溜息のひとつも吐きたくなりますね。

 最後は、やはり頼りになる姉の機転と力技で無事解決。終始、真心は妹に萌えて、姉の色香にドキドキしていただけでした・・・。それにしも鈍感だ。筋肉バカだ。
 ラブコメとして、ここまで血の繋がった姉妹を倍プッシュしている作品は他に類を見ませんね。
 というか、本当に血が繋がっているのだろうか?
 このままシリーズを続けて大丈夫なのか、この爛れた姉弟関係がいずれ火サス展開へと発展していかないのか、激しく期待しつつも不安なものも覚える一冊でした。


posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック