ダフロン

2008年08月27日

School Heart's 月と花火と約束と/伏見つかさ、他

4758040230School Heart’s―月と花火と約束と (一迅社文庫 ん 1-1)
伏見 つかさ、他
一迅社 2008-08-20

by G-Tools

年に一度の満月祭り。それぞれに思いをよせる男子がいる五人の美少女たちが巻き起こすひと夏の大騒動が始まる。
伏見つかさ、みかづき紅月、内田竜宮丞、魁ら四人の作家とイラストレーターのコラボによる、オムニバスストーリー。

夏は短し、恋せよ乙女

昨年末にドラマCDとして発売されていた『萌えドラCD School Heart's』シリーズのアンソロジーノベル。
読むまでノベライズだと気づきませんでしたが、先にそちらを聞かないと話が通じないということはなく、初見余裕でした。

個人的に好きなのは、2話目の「オトメの黒き野望と小さな奇跡/みかづき紅月」ですね。
毒舌ロリ美少女・狭山千紗と超鈍感な先輩との話なんですが、一目惚れした先輩に毎日猛烈アタックをかけつつも気づいてもらえず、子供扱いされることに不満を呟きながら、胸をキュンキュンさせている千紗の反則的なまでの愛くるしさときたら。
それでいて下品にならない程度に微エロスなのもGJ!

3話目の「美里の恋愛指南塾!?/内田竜宮丞」は、千紗の姉である狭山美里が、親友の工藤たまきと告白シミュレーションを繰り返す様子を描いた話なのですが、生真面目で融通が利かない委員長キャラの良さが実感できる面白い話でした。

反対にアレだなぁ・・・と思ってしまったのは、1話目の「月夜の晩に鈴は鳴る/伏見つかさ」かな。
ドジっ娘幼馴染みにひたすら主人公が振り回されるという、なんというか典型的なギャルゲストーリーですね。
ここまでコッテコテなドジっ娘というのは、マジで頭に菌でもわいてるのかと単純に空恐ろしさを感じる。

最終話の「彼女のもとめた真の愛/魁」だと、主人公であるボクっ娘よりも、そんな彼女に女同士でありながら関係を迫ってくる電波系の生徒会長に注目がいってしまいましたね。
いいんじゃないですか、ガチ百合というのも。
プラトニックラブつーか、やたら肉体的なような気もするけど、どっちでも私は美味しくいただけますのでー。

どの娘も甘々な話ばかりで、ラブ分の過剰摂取で萌え氏ぬ。

B000ZFTGIW萌えドラCD School Heart's BOX
mana 2007-12-28

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一迅社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック