ダフロン

2008年06月25日

片手間ヒロイズム/小林めぐみ

4758040109片手間ヒロイズム (一迅社文庫 こ 1-1)
小林 めぐみ
一迅社 2008-06-20

by G-Tools


無限宇宙で無限ループな恋をしよう

平凡な女子高生・錫木真理が、いつの間にやら異世界の住人と邂逅したり、未来人と遭遇したり、宇宙人から銀河系の危機を救ったりする、ごくごく日常的なお話。

かいつまんで言うと、一迅舎版『食卓にビールを』ですね。
ノー天気な女子高生が、未来人やら、宇宙人やら、ファンタジーの住人やらが巻き起こすSFちっくな事件に遭遇して、ベビーシッターのバイトをこなしながら、切り抜けていくといったドタバタコメディです。

いやぁ、相変わらずのシュールレアリスムっぷり。
一応はSFでありながら、魔王や勇者なんぞも登場してきたり、展開的にはもうなんでもありです。まさにカオスの権化。
小林めぐみも、もうすっかり星新一化が定着しました。

理系作家ならではの数学や宇宙に関する専門用語がしばしば飛び出てきますが、そういうマニアックなところもいい。
そして毎度登場人物が持ち込む空想科学めいたトンデモテクノロジーなくしては小林めぐみ作品の魅力は語れない。
レアメタルを採掘するために太陽系を消滅させる?
人間が成体になると天使になる?なんじゃそりゃああああw

各話もそれぞれムチャクチャで愉快なのですが、最終話のタイムパラドックスパズルがとくに秀逸ですね。
これはミステリーとも、パズルとしてもよくできています。
3回くらい読み返してようやく理解できたわ。

一迅舎でのこれからの活躍に期待します。

ちなみに小林めぐみが好きな人は、『宇宙への秘密の鍵』オススメです。

食卓にビールを 6 (6) (富士見ミステリー文庫 64-8)食卓にビールを 6 (6) (富士見ミステリー文庫 64-8)
小林 めぐみ

by G-Tools

宇宙への秘密の鍵宇宙への秘密の鍵
ルーシー・ホーキング

by G-Tools
posted by 愛咲優詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一迅社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック